webデザイナーになるにはどんな知識があると有利?

webデザイナーは、フリーランスではたらく人も多い職業。ですが、そういったフリーランスのwebデザイナーになるには、たいていの場合まずはweb制作会社に就職しそこでwebデザイナーとしてはたらく人のアシスタントとして経験を積むことになります。そのほか、web制作会社に業務を外注せず、自社でwebサービスやデザインまで管理している会社のwebデザイナーとしてはたらく、といったかたちもあります。

webデザイナーになるには資格は特に必要ではないので、独学で学んでいくこともじゅうぶん可能です。しかし、自分がwebデザイナーとしてどれくらいの技量を持っているかアピールするために、ウェブデザイン技能検定という公的な資格試験を受けておくのも良いかも知れません。

webデザイナーになるにはweb制作会社に就職するのが一般的とお話しましたが、その際プログラミングもある程度できるようにしておくと就職に有利にはたらきます。プログラミングもこなせるwebデザイナーになるには、やはり独学よりもwebデザイナー向けの専門学校やITスクールで勉強したほうがより確実に身につくのではないでしょうか。また、webデザイナーになるには、ひとりで探すよりもスクールに来る求人に応募するほうが内定をもらいやすいです。webデザイナーとして業界内での人脈も早いうちからつくれますから、お金や時間に余裕のある人はやはりwebデザイナーの勉強ができる学校に通うのがおすすめです。

「お金や時間に余裕のある人」と言いましたが、そうでない人でも通うことは可能です。どこに通ったら良いか分からない人は、無料体験レッスンやHPのお客様の声などを参考にして、自分に合ったスクールを選ぶことが大事ですね。短期間で基本的なスキルを学べるとこなのか、長期間だけど高いスキルが学べる(でも高い。。。)とこなのか、現役デザイナーが短期間で実務で使うスキルを教えてくれるスクールのか、などスクールによって色んな特徴があるんですね。

ぜひ自分に合ったスクールを探してみてください!